ハーレーに乗るなら季節や服装によってヘルメットを変えよう

ライダーとハーレー

ハーレーに乗るときに、どのようなヘルメットを着用したらよいのか迷うことがあるのではないでしょうか。そのような場合は、季節や服装によって、ヘルメットを変えてみるのがおすすめです。
例えば、春や夏であれば、ジェットタイプのヘルメットを着用するのもよいかもしれません。顔以外の頭部を覆う形状になっているため、走行中に、心地よい風を感じることができます。また、解放感があり、風の通りもよいため、暑い時期には快適に着用することも可能です。
比較的薄着となる時期にジェットタイプのヘルメットを着用することで、涼し気な印象に見せることができます。春には、春をイメージするようなピンク色や黄色などのヘルメットを選んだり、夏には、さわやかな印象となる青色や黄緑色などのものを着用するのもお洒落です。

ハーフヘルメット

秋や冬には、フルフェイスタイプのヘルメットを着用するのもよいのではないでしょうか。この時期は、気温が低くなり、走行中に寒さを感じることも多いです。そのため、フルフェイスタイプのヘルメットであれば、頭全体を覆うことができるので、寒さを防ぐことができます。また、服装も、寒さ予防のため、アウターなど厚手のものを着用することが多くなります。そのため、フルフェイスのヘルメットを着用することで、全身を覆うことができ、見た目のバランスを良くすることができるのでおすすめです。また、季節に合わせて黒色や茶色などの暗めの色を選ぶのもよいでしょう。

ヘルメットを購入する場合は、自分に合うものを選ぶことが大切です。そのため、見た目だけで判断するのではなく、実際にヘルメットを着用し、自分に合っているかどうかしっかりと確かめてみるようにしましょう。

イエローヘルメット